Welcome to DOG PARADISE in South America
a-chemiとa-killerの南米旅行記 ~世界の犬を求めて~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こ、これが、、、、、、、、!!??
ついに僕らはイグアスの滝へと足を運んだのです。
そう、あの日は朝から少し小雨がぱらつく日でした。


イグアス自体は国立公園内にあって移動はこんな鉄道を使いました
DSCF1097.jpg





その時は着々と近づいてきたのです。
僕らが近づいてるのではなく、彼から近づいてきてるかのように。



高鳴る鼓動を抑え、息を飲み込み、いざ!いざ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!









DSCF1101.jpg










おぉ。。。。。うん。



いやね、すごいんだよ。
確かにね。




いや、確かにすごいんだけどね。
なんかね。

あれ!?って感じは否めないというか。



なんだろうこのもどかしさ。
初恋に似た。いや全然似てないけど。
この切なさ。

なんかもっとこう、グワ〜とかドカ〜とかそんな感じを想像してたんだけど。
確かに日本にはこんな大きな滝なんてないし、世界でも一番じゃないかと言われてる滝なわけですよ。
しかも、ここは悪魔ののどぶえなんていう名前がついてるくらいのすんごい場所なわけです。

でもそこには悪魔ののどぶえというよりは、悪魔の気管支(威厳無し)程度のものしかありませんでした。
さすがに小鳥のさえずりほど寂しいものではありませんでしたが。

*のどぶえ(のどを通る部分のこと)







どうやら今年のイグアスまれにみる水不足。。。
YAHOO JAPANのトップニュースをかざるぐらいのしょぼさだったらしい。

なんという悪運の強さ


一応滝に虹がかかってる写真も1枚のせておきます
DSCF1113.jpg




もちろん二人の2ショットも。
ばっちりの笑顔。
苦笑いなんてしてないYO
DSCF1116.jpg




こうしてみると確かになかなか迫力はあるんですけどね。
これしか知らなければすごいと思うはず。
DSCF1120.jpg




公園内にはアナグマが放し飼いにされていて、戯れようとしたらこんな1枚が撮れました。
さすがプロのカメラマン
一瞬のチャンスを逃しません
DSCF1129.jpg




これを見てもらえれば一目瞭然。
本来は右にあるような滝がみれるはずだったんです

ですがどうですか。
何分の1ですか。これは。
養老の滝ですか。これは。
DSCF1142.jpg




ブラジル側から見た滝もこんな感じ。
DSCF1167.jpg




もちろん記念撮影は忘れません。
このとき写真を撮ってくれた人が、1ボケかましてくれたおかげでこんないい写真がとれました。
だって電源をおすんですから。
シャッターボタンじゃなくて。
自信満々に。
DSCF1176.jpg








それにしてもいい思い出ができました。
まさかこんなことになってるなんて。

いつかリベンジしたいと思いつつ、イグアスを後にする二人なのでした。



次回は、哀愁のカサブランカ、、、ではなく、哀愁の街リベルダージです。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © Welcome to DOG PARADISE in South America. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。