Welcome to DOG PARADISE in South America
a-chemiとa-killerの南米旅行記 ~世界の犬を求めて~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ペットショップを訪ねて三千里
今回の旅の目的のひとつでもある、「世界の犬を求めて」についてレポートします。

まずはペットショップ探しから。


旅の途中で出会ったロットワイラー。
かわいらしい顔してます。
IMG_2897.jpg






何人もの人に店を聞き出すものの、あまりペットショップが浸透していないのか、あちこちたらいまわしにされました。
あまり犬を飼っている人もいないですからね。

どちらかといえば野良犬のほうが数が多い。
残念なことです。




やっと見つけたペットショップがこちら。
IMG_2902.jpg





ここでは犬用品しか売っておらず、犬のカット事情を知ることができませんでした。
しかし、ここのお店の人と会話をするうちに、実際に犬のカットをしているお店を紹介してもらえることに。





その様子がこれ!
IMG_2912.jpg



ボリビア人のカット風景。

あまりの危うさにあみちゃん直視できなかったようです。






そして、ここからが本番。

全然知らない、初めて会ったここのトリマーさんに突撃取材。
というか、中に入れさせろといって、中に入らせてもらいました。

IMG_2913.jpg






さらには、お前らに指導してやると言って(言ってませんが)、カットまで始めるあみちゃん。
IMG_2918.jpg






わけの分からないうちにボリビア人と日本人にカットされていくプードル。
初めての二人の共同作業。
ってコラ!!!!!!!!

IMG_2921.jpg






出来上がりがこちら。
IMG_2922.jpg





それらしく形にはなっていますが、実際に目の当たりにするとその大雑把さにビックリ!
そして、ハサミがなんか普通のハサミ。
切るたびにハサミがきしむ音が聞こえてきました。

そして、その出来上がりに何の文句も言わない飼い主。

これこそボリビア。

まさに適当。(トリマーさんは真剣なのかもしれませんが)

日本の人たちは、犬をかわいがるあまり妥協ができないんですよね。
もちろんその気持ちも分かりますが、もう少し広い目で見てはいかがでしょうか!?
たぶん、ボリビアでのカットの様子を見たらびっくりしますよ。
ってか自分の犬があんな風にカットされるのを見ていられません。
怖すぎて。

それに比べたら日本のカット技術やその様子は安心そのもの。
人間と違ってちょこまか動く犬のカットって相当難しいんだろうなぁと思います。



さらには、その値段もボリビアの人にとっては高いらしいです。
それでもわんちゃんのお手入れは欠かさない。

存在そのものが大事なんですよ。




今回はボリビアのペットショップ&カット事情をお伝えしました。

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


お~お~やっとるやっとる(笑)
どこぞの知らん旅人を部屋に入れてカットまでさせてくれるなんてなんてオープンな(^^;こっちじゃ考えられないね。

それにしても、すごい・・・雑だね・・・なんか、アームの鎖めっちゃ太いし( ̄□ ̄;)
直視できないくらい危険なハサミ捌き、怖いもの見たさで動画で見てみたい~。

あの仕上がりで文句ないのならボリビアのトリマーはなんて気が楽なのかしら(笑)

なっき | URL | 2006/09/21/Thu 21:35 [EDIT]
ほんとほんと。日本じゃ考えられないよ・・・全ての点で。ハサミ捌きの前に、ハサミそのものが危険だったよ。だって、紙切るようなやつだよ・・・怖っ!カミ違いだよっ!!オープンと言うか何と言うか・・・ね。でも、いい人達だったよ~その目は真剣そのもの!!トリマー魂は世界共通ってこと~!!!
a-chemi | URL | 2006/09/22/Fri 09:57 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © Welcome to DOG PARADISE in South America. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。