Welcome to DOG PARADISE in South America
a-chemiとa-killerの南米旅行記 ~世界の犬を求めて~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


指令!ジャカレーを捕獲せよ!!  第三部
ピラニアをたらふく食ってお腹いっぱいの民族たちは、ファームへと大移動を始めたのでした。

もう辺りは日が落ち、真っ暗。
遠くから聞こえる狼の遠吠え(ウソ)。


昼とはうってかわって静まりかえる闇。

ライトで照らせば、無数に光るもの。

まるで星空のよう。

...そんなきれいなものじゃない。

沼からじっと外を見つめる無数のジャカレーの目だ!










「よし、行こう。」

男たちは立ち上がり、一本のペンライトと一本の縄を手に持ち、30~40匹はいるであろう沼へと足を踏み入れたのでした。

もしかしたらその足元には体長2mを超えるジャカレーが潜んでいるかもしれない。
しかし、興奮が恐怖を麻痺させる。



男は一匹のジャカレーに狙いを定め、何度も縄を投じる。

「くそっ!」

なかなかうまくいかない。

その殺気に反応したのか、ジャカレーが逃げるように泳ぎ始めた。

それを追いかけようとした.....









まさにそのとき!!!!!!!




男たちの足元で、飛び跳ねるジャカレー。

そこにジャカレーが潜んでいたのだ!!

その一瞬の隙を男は見逃さなかった!

一度の投げ縄でジャカレーの口元に縄を巻きつける。

暴れ狂うジャカレー

岸へと引きずり出すために男三人がかりで引っ張りあげる。

想像以上に重く、抵抗をみせるジャカレー。









ジャカレー捕獲成功


DSCF1521.jpg





ジャカレーを押さえつけるボス。
ジャカレー捕獲の立役者。
DSCF1522.jpg





ジャカレー捕獲に興奮を隠せない男A。
DSCF1523.jpg





ジャカレーにエビゾリ固め!?
キャメルクラッチ!?
DSCF1524.jpg





見よ!この大きさ。
DSCF1525.jpg






今夜はジャカレー鍋だわ!
と、喜ぶ民族の女。
DSCF1526.jpg





喜びを分かち合うつもりが、ボスとではなくジャカレーと握手を交わすおとぼけの男A。
DSCF1527.jpg





ジャカレーに催眠術をかけるボス。
「ウーゴーギー・ザーマラ・モニモーニ・メケー♪」
DSCF1528.jpg






安らかな眠りにつくジャカレー。
いびきをかいていたとかいないとか。
DSCF1529.jpg





おとぼけ男Aも催眠術の練習。

「お前も将来を背負って立つ男だ。これぐらいできないとな。」
DSCF1530.jpg





そして、喰らう。

喰らう


喰らう
DSCF1531.jpg









わけはなかった。

こうして、男レベルをさらに上げた男なのだった。

まさに男塾。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © Welcome to DOG PARADISE in South America. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。